花巻観光おすすめガイド

花巻観光おすすめガイドとは

花巻は温泉と詩人宮沢賢治さんの街です。
花巻観光おすすめガイドは、タクシードライバーの経験を生かしながら、花巻温泉郷や美味しいもの、食事処、名物わんこそば、お土産品、宮沢賢治さんゆかりの観光スポットなど、花巻を楽しむ上での便利なおすすめ情報を紹介していきます。
おすすめ観光スポットと花巻温泉郷のお湯で日頃の疲れを癒しましょう。



花巻観光おすすめガイドのカテゴリー

おすすめ賢治さん観光スポット

花巻は詩人宮沢賢治さんのふるさとです。
詩と童話で知られている賢治さんですが、農業、教育、天文、宗教……その他でも多彩な活動をしています。
花巻には賢治さんの世界に触れ、親しみ、感じることができる場所がたくさんあります。
「童話村」や「南斜花壇」などは新花巻駅周辺、「未来都市銀河地球鉄道壁画」や「イギリス海岸」などは花巻駅周辺(在来線)、「羅須地人協会」や「文化村」は花巻空港周辺、「ぎんどろ公園」や「身照寺」などは文化会館周辺、「賢治詩碑」や「賢治自耕の地」などは桜町周辺、賢治さんの観光スポットを地域別に紹介いたします。

おすすめ偉人と地域別観光スポット

花巻には賢治さんの他に偉人が数多く存在します。
高村光太郎は賢治の知人であり、花巻で晩年の7年間を過ごし、多くのエピソードを残しています。
前の5千円札の肖像画になった新渡戸稲造(にとべいなぞう)は、花巻に多大な功績を遺した新渡戸一族の子孫です。
萬鉄五郎(よろずてつごろう)は花巻市東和町出身で、幼少の頃から絵を好み、東京美術学校西洋画科を卒業後、様々な個性的作品を発表し、日本近代美術の先駆者と言われています。鑑定団にも良く取り上げられますね。
また花巻には観光地ならではのお寺が数多くあり、清水寺(きよみずでら)は日本三大清水寺のひとつです。
雄山寺(ゆうざんじ)は新渡戸稲造ゆかりのお寺です。
旧花巻市、石鳥谷町、東和町、大迫町の4つの市町村が平成18年に合併して、新しい花巻市となりました。
城下町の名残がある花巻、日本三大杜氏のひとつ南部杜氏による酒作りが有名な石鳥谷、萬・国指定重要文化財の兜跋毘沙門天立像(とばつびしゃもんてんりゅうぞう)・楽しさ満載の田瀬湖がある東和町、高山植物が咲き誇る早池峰山・ワイン・神楽の大迫
そして東和、大迫から少し足を伸ばすと、民話の郷遠野へ到着します。

花巻温泉郷とお泊処

花巻温泉郷は個性的な温泉宿が揃っています。
台温泉は昔ながらの湯治場の雰囲気が随所に漂う温泉街です。
花巻温泉は東北随一の温泉リゾートです。
花巻南温泉峡は湯治におすすめ自炊部(大沢温泉・鉛温泉等)、そして部屋つきの貸切露天風呂が評判の游泉志だてなどがあります。
予算、お湯の好みに応じて宿を選択できますので、楽しみも広がります。

食事処とお土産

花巻は詩人宮沢賢治さんのふるさとであり、癒しの温泉郷です。
花巻で食事をとるならこちらがおすすめ、花巻名産はこちらで食すことができますという食事処とお土産品を紹介します。
マルカン大食堂も復活を果たしました。

行事とお祭り

花巻への観光旅行は草花が見頃の5月から6月がベストだと言われていますが、かつて賢治生誕祭が開かれていた8月や、紅葉シーズンの11月も美しい花巻を見ることができます。
花巻温泉郷は紅葉シーズンが最も賑わいます。
さらに花巻の様々な行事・祭りを紹介いたします。

アクセスと交通機関

東京から新花巻駅まで約3時間。
大阪からはなまき空港まで約1時間30分。
ICは花巻IC・花巻南IC・花巻空港IC・東和ICがあります。
城下町の名残で坂が多い花巻での移動には車が必需品。あったいなはん花巻やタクシーでの観光があります。

お役立ちサイト

花巻を観光していくうえでお役に立つサイトをまとめて紹介いたします。


お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらから

ページの先頭へ戻る