宮沢賢治さんゆかりの観光スポットを地域ごとに紹介します。

花巻の賢治さん観光スポットを紹介

花巻は詩人宮沢賢治さんのふるさとです。

詩と童話で知られている賢治さんですが、農業、教育、天文、宗教……その他でも多彩な活動をしています。
花巻には賢治さんの世界に触れ、親しみ、感じることができる場所がたくさんあります。
「童話村」や「南斜花壇」などは新花巻駅周辺、「未来都市銀河地球鉄道壁画」や「イギリス海岸」などは花巻駅周辺(在来線)、「羅須地人協会」や「文化村」は花巻空港周辺、「ぎんどろ公園」や「身照寺」などは文化会館周辺、「賢治詩碑」や「賢治自耕の地」などは桜町周辺、賢治さんの観光スポットを地域別に紹介いたします。

新花巻駅周辺

イーハトーブ館をおすすめします。

イーハトーブ館

賢治さんをもっと知りたい

新花巻駅周辺は癒しのスポットがいっぱいです。年齢を重ねるにつれ、郷土の偉人賢治さんの存在感が大きくなります。花巻を一望できる胡四王山(こしおうざん)山頂から賢治さんの世界観を想像できるようになってしまうかも? ・宮沢賢治記念館 ・童話村 ・イーハトーブ館 ・日時計花壇 ・南斜花壇 ・花巻博物館 ・山猫軒 ・胡四王山等

花巻駅周辺

「経木だんご」が有名な照井だんご店は、賢治さんと密接な関係があります。

照井だんご

賢治さんが「春と修羅」を自費出版した印刷所は照井だんご店の2階にありました。

在来線の花巻駅構内を出ると「風の鳴る林」の風の音を体験。「銀河ポッポからくり時計」ではジョバンニとカンパネルラに出会うことができます。そして中心街に向かって歩き出すと裏通りに賢治さんの弟のお孫さんが店主の「林風舎」、賢治さんが二階で印刷製本に携わった「照井だんご店」、さあ賢治さん観光の始まりです。

花巻空港周辺

羅須地人協会は賢治さんが生きていた証の施設です。

羅須地人協会

厳冬の羅須地人協会

花巻空港の近くには賢治さんが教鞭をとった花巻農業高等学校があります。現在の花巻農高において賢治さんの存在感を絶対的に示しているのが羅須地人協会です。百聞は一見に如かず。ぜひ羅須地人協会をご覧になってください。花巻農高さんのご厚意により見学無料となっています。

花巻市中心街

マルカンビル大食堂から一望、賢治さんの生家は存在しています。

マルカン

マルカンビル大食堂 大パノラマを堪能しましょう。

花巻市中心街(上町・鍛治町・吹張町・豊沢町等)、昔は賑わいましたが、今は人通りもまばらでかえってゆっくり散策ができるかもしれません。場所をお聞きになりたい時はお気軽に声をおかけください。花巻市民であれば親切に答えてくれるはずです?花巻弁で「んだなっは~」は「そうですね」の意味です。ちなみに花巻まつりは中心街で行われます。

文化会館周辺

ぎんどろ公園の桜、緑、紅葉、四季折々の姿を楽しみましょう。

ぎんどろ公園

ベンチ、芝生に座ってランチやスイーツをいただく…プチ幸せです。

花巻市文化会館そばに賢治さんが教鞭をとった花巻農業高等学校がありました。現在は「ぎんどろ公園」として旧花巻農高の足跡を遺しています。文化会館の催し物は演劇やクラッシック演奏等、癒し系のものが多い気がします。これも自然を愛した賢治さんの影響でしょうか。

花巻市桜町周辺

賢治詩碑では賢治さんの命日に賢治祭が行われ、賢治さん作品を愛する人たちが全国から集まります。

下ノ畑

下ノ畑ニ居リマス ここがまさに「下ノ畑」です。

羅須地人協会はかつて花巻市桜町にありました。賢治さんが教師を辞め、農民として農民と共に生きていこうと決意をして建立したのがここ賢治自耕の地です。現在は今の花巻農業高等学校敷地内に移築され、花農同窓会の手で管理維持されています。画像の賢治自耕の地(下ノ畑)もぜひご覧になってください。