三陸そばが楽しみ 渡り温泉日帰り入浴

我が家では読売新聞を定期購読しています。

半年契約で、その都度渡り温泉の日帰り入浴券食事がセットになったチケットをいただいています。

その期限も近づいたので、本日は温泉と蕎麦をいただきましょう。
土日の混雑を避けて、平日利用が理想ですね。

食事付き入浴券

渡り温泉食事付入浴券

2019月4月28日までの期間限定、本日の利用となりました。

渡り温泉ホテルさつき

渡り温泉ホテルさつき正面

11時20分頃、渡り温泉ホテルさつき到着。
入浴時間は11時~20時までです。
「ホテルさつき」が清掃などの理由で使用できない場合は、「別館かえで」での入浴が可能です。

ホテルさつき

ホテルさつき施設内

ホテルさつきの大浴場は地下1階にあります。階段を降りると手前が男湯、奥が女湯。入れ替えはないようです(今まで経験がありません)。

かわせみの湯

ホテルさつきの大浴場「かわせみの湯」

渡り温泉も含む花巻南温泉峡、景色がいいですね。

広い脱衣所に開放的になってしまうのは私だけ?

渡り温泉

脱衣所の広さは花巻温泉郷最大級です。

かわせみの湯露天入り口

かわせみの湯露天入り口

かわせみの湯露天風呂

かわせみの湯露天風呂は他の温泉露天風呂よりやや熱め。

かわせみの湯露天風呂

岩と木、日本の風土を活かした設計です。

露天風呂からの風景。残雪と赤・緑へと徐々に変化する山とその周辺。今の季節でなければ体験できない風景です。

かわせみの湯露天風呂

赤が徐々に映えてきました。

渡り温泉ホテルさつきの大浴場、かわせみの湯は露天風呂の出入り口と内風呂の出入り口が別れています。

戸は開けても閉まりづらくなっているので(なんとなく自動で閉まる雰囲気)しっかり閉めましょう。

かわせみの湯内風呂入り口

かわせみの湯内風呂入り口

4月に入ってもまだまだ寒いので、内風呂に入る方が多いですね。

かわせみの湯内風呂

露天風呂と比べて内風呂のほうがほんの少し温度が低い感じです。

ヌルヌルの泉質のためでしょうか? けっこう滑ります。特に高齢者はお気をつけて移動しましょう。

かわせみの湯

一押でお湯がたっぷり出るシャワーはいいですね。

早い時間帯からサウナが利用できます。
サウナ好きにはうれしい…と思います(私は利用しないもので。理由 暑すぎてく・くるしい~)

かわせみの湯サウナ

サウナは11時から利用できます。

お昼は「すいせん」で三陸そば

ホテルさつきでは「すいせん」で昼食を提供してくれます。

前回食べて、大変美味しかった岩のりが忘れられないので「三陸そば」をお願いすることにほぼ決めていましたが、一応メニューを確認します。

すいせんメニュー

麺類を提供してくれる「すいせん」

すいせん

テーブル席が合わせて10席ほど。

結局、三陸そばを2つお願いしました。後からいらっしゃったお客さまは味噌ラーメンを頼んでいましたね。野菜を炒める音が豪快に響いてきましたから。

三陸そば登場

三陸そば

岩のりとしらすのいいとこ取り

はいはい、この味です。ちょっとだけ甘めで濃いめの出汁が効いています(専門家ではないですが、うまけりゃいいでしょう)。

あっと言う間に「かわいいコックさん♫」…ではなく、完食です。いやー、今回も美味しかったです。

いつものお店のお母さん、美味しいそばをいただき、ありがとうございました。

三陸そば

岩のりとしらすのいいとこ取り

ところで、前回まで付いてきた「おにぎり」はどうやらやめたらしいです。
あの~、おにぎりは? と聞くのもちょっと……。

少しだけ残念でしたが、そばと露天風呂でかなり良しとしましょう。

花巻市渡り温泉

Follow me!