花巻温泉ホテル千秋閣 プロスパーでランチ

ホテル千秋閣プロスパー

プロスパーは洋食レストラン

花巻温泉には4つのホテルがあり、ホテル花巻(和食)、ホテル千秋閣(洋食)はランチを提供してくれます。

6月中旬、花巻温泉はバラまつりの真っ最中。鮮やかなバラを楽しもういう皆様で駐車場はほぼいっぱいです。

本日のメンバーは私夫婦に母親、妹夫婦と姪(私から見て)、弟の7名です。

ホテル千秋閣は花巻温泉に近づくと最初に目に入る凛とした背の高いホテルです。

プロスパーはスカイレストランという名前の通り、最上階(12階)にあります。

ホテル千秋閣

花巻温泉敷地内に入り、最初に出迎えてくれるのがホテル千秋閣です。

ホテル千秋閣は「旬の食材を堪能できるリゾートホテル」をコンセプトとしています。

ホテル千秋閣ロビー

ホテル千秋閣1階ロビーの風景

ホテル千秋閣お土産コーナー

大スペースのお土産品コーナーです。

さあ、エレベーターで12階のスカイレストラン「プロスパー」へGO!

スカイレストランプロスパー

スカイレストランプロスパー到着です。

スカイレストランプロスパー

父の日が近くワインの装飾は鮮やかです。

日曜日ということもあり、混んでいます。予約席がほとんどで、席待ちの方もいらっしゃいます。

スカイレストラン、12階から見る新緑は絶景です。

絶景を体験しただけでも、来たかいがありますね。

展望レストラン

スカイレストラン12階からの絶景

おすすめメニュー

コース料理とカレーがおすすめです。

プロスパーメニュー

こちらは一般的なメニューです。

お願いしたのは、牛肉の赤ワイン煮オムライス2、白金豚カレー1、ビーフステーキ1、ポークジンジャー1、シーフードカレー1、ハンバーグステーキ1です。

あとは、待つだけ。その間にスープ、サラダバーを利用しましょう。

プロスパーサラダバー

サラダバーは行列ができるほど人気です。

マカロニサラダ、キャベツのサラダ、春雨サラダなど。できればポテトサラダもお願いします。

プロスパースープ

スープは2種類。ミネストローネとじゃがいも冷製スープ。

じゃがいも冷製スープ

じゃがいも冷製スープ

じゃがいも冷水スープはあっさりしています。少し物足りないかも。素材の良さを活かしているのでしょう。

プロスパーサラダ

ミネストローネスープと盛り沢山サラダ

結論を言うと本日の食事では、一番美味しかったのがマカロニサラダでした。2番めは春雨サラダ。3番めがミネストローネスープ、玉ねぎが入ると美味しいですね。

ハンバーグステーキ

ハンバーグステーキ

最も早く登場したのが、姪が頼んだハンバーグステーキです。残念ながら、パンを頼んだのに、ライスがきてしまいました。再度パンをお願いしましたが、10分ほど経過しても来ないため、問い合わせすると現在トースト中とのこと。パンと一緒にいただきたい姪っ子(小6)はじっと我慢の子でした。

赤ワイン煮オムライス

赤ワイン煮オムライス

続いて(パンが運ばれてきたのとほぼ同時)、赤ワイン煮オムライスの登場です。母はもくもくと食べていましたが、肉は食べられなかったようです。

白金豚カレー

おすすめメニュー 白金豚カレー

プレミアムカレーフェアと称して、「白金豚カレー」と「前沢牛カレー」がおすすめメニューとなっています。プレミアムなカレーが味わえるということでしたが、頼んだかみさんに聞くと、白金豚の旨さを感じない、辛みのない、深みのない、自分で作るカレーのほうが美味しいと言っていました。近くでカレーを食していた一行も「カレーを頼んだのは失敗だったな」とわざと聞こえるように出ていきました。

ビーフステーキ

ビーフステーキ

妹のだんなが頼んだ、ビーフステーキ。お味はどうだったのでしょうか。

ポークジンジャー

私が頼んだポークジンジャー

さて、私が頼んだポークジンジャーです。人参とヤングコーン、美味しいですね。豚肉は脂身の少ない、あっさりした味でした。

ついつい生姜焼きは「ポパイ」と比べてしまいます。

私はポークジンジャーなら「ポパイ」をおすすめします。ポパイの生姜焼きは脂の美味さが引き立つ最高の味、顔がほころびます。

皆がほぼ食べ終わろうとしていますが、一つだけまだ運ばれてこないメニューがあります。シーフードカレー。

白金豚カレーが既にきてから15分以上経過。さすがに「まだですか?」と催促しました。

係の方の回答「今、作っています」……。更にはテーブルに来て「まだきていないものはありますか?」。

催促してから、5分ほどで運ばれてきました。

シーフードカレー

プロスパー シーフードカレー

カレーそのものは素材に合わせて何種類かあるのでしょうか。そうでなければそれなりということになりますが……。

姪がデザートも頼みたいというので「アップルパイ ア・ラ・モード」はどのくらいかかりますか?と聞くと5分ほどでできますという回答。5分であればということで、お願いしました。

デザートを待っています。係の人が食器を片付けながら「白金豚カレーには、コーヒーが付きますのでお出ししますか?」。う~ん、皆が食べ終わり、かなりの時間が経過しているのだから、もっと早く声をかけてもらえますか。

結局、デザートも15分ほど経っても現れる気配なし。催促すると「今、作っています」……。

そして、やっとのことで、アップルパイ ア・ラ・モードは登場しました。

アップルパイ ア・ラ・モード

アップルパイ ア・ラ・モード

姪が美味しいと言っていたのが救いですね。まあだいたいアイスがあれば美味しいものです。

他のお客様が注文しようとして、係の人を探し、キョロキョロしているにも関わらず、気付きが遅いです。おもてなしを感じません。

私達の問い合わせにも「あちらのお客様のあとにまいります」……。来ないので他の係の方に声を掛けると同様の言動。

以前はホテル紅葉館の中華ランチバイキングを良く利用していましたし、佳松園の法事料理、トロトロ風呂が素晴らしいだけに、本日は残念な一日と感じざるを得ません。

12階から見る新緑、眺めは素晴らしかったです。

Follow me!