花巻観光おすすめガイド


花巻市中心街

花巻市中心街(上町・鍛治町・吹張町・豊沢町等)、昔は賑わいましたが、今は人通りもまばらです。
かえってゆっくり散策ができるかもしれませんね。
場所をお聞きになりたい時はお気軽に声をおかけください。花巻市民であれば親切に答えてくれるはずです?
花巻弁で「んだなっは~」は「そうですね」の意味です。
ちなみに花巻まつりは中心街で行われます。
マルカン大食堂、見事に復活しました。うれしい限りです。

賢治の生家

賢治の生家

宮沢賢治さんが生を受けた家

花巻市豊沢町にある宮沢賢治さん生誕の家です。
「宮沢賢治生家」の石碑があり、多くの観光客がここを訪れ、写真を撮っていきますが、現在も通常に生活されていますので、中に入ることはできません。
節度をもって静かにご見学をお願いします。
花巻駅に近い喫茶店「林風舎」は賢治の弟のご子息がやられているお店です。
こちらでは色々なお話が聞けるかもしれません。
上記画像は「花巻まつり」開催時の生家前です。

住所花巻市豊沢町 花巻駅から徒歩18分・車で4分程(タクシー約760円)

賢治の広場

賢治の広場

ワクワクする賢治さんの童話の世界

賢治童話の登場人物・動物・植物がお出迎えです。
「小岩井農場のジオラマ」、岩手軽便鉄道の模型もあり、童心に帰りワクワクしてきます。
さらには賢治さんのマントも存在します(レプリカ?ご自由に着てみてください?)。
花巻の自然の写真パネルもあり、ここは意外と言っては失礼ですが、素敵です。
賢治さんに学び、賢治さんを楽しむ催しが定期的に開かれます。
矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市上町 TEL0198-22-0023 花巻駅から徒歩13分程・車で3分程(タクシー約680円)
開館時間9時~18時30分 休館日 水曜日(臨時の休館日あり)
公式サイト賢治の広場

まちなかビジターセンター

まちなかビジターセンター

まちなかビジターセンターとは?

まちなかビジターセンターは中心街のさらに中心地にあります。
まちなかビジターセンターは賢治・光太郎・花巻城などの観光案内所であり、賢治さんを訪ね歩いた後の休憩所であり、賢治さん・花巻に関するお土産品の販売所なのです。
特に民芸品(賢治さんのこけしはマントとハットをかぶっています)、工芸品が揃っています。
写真はお祭り?(花巻まつりではありません)の時のもので、通常は静かに休める場所です。
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市上町1-10 TEL0198-21-5353 花巻駅から徒歩13分程・車で3分程(タクシー約680円)
開館時間9時~18時(4月から10月) 9時~17時30分(11月から3月)
参照サイト花巻観光協会/まちなかビジターセンター

産湯の井戸

産湯の井戸

賢治さんの母方の実家です。

花巻・鍛治町の宮沢家敷地(現在は宮沢商店)にある賢治生誕、産湯の井戸(賢治は父方も宮沢ですが、母方の姓も宮沢です)です。
一般公開は毎年8月(8月以外も宮澤商店さんのご好意で見学可能なようです)。
案内役のおかあさんが親切に水の汲み方を教えてくれます。
水は今でもしっかり湧き出てくるそうです(深くて底が見えませんでした)。
8月は賢治さんに関するイベントが多くなっているので、観光には最適なシーズンです。
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市鍛治町 宮沢商店敷地内 花巻駅から徒歩15分程・車で4分程(タクシー約760円)
開館時間9時~17時 公開 8月1日~8月27日 入館料 無料
参照サイト花巻観光協会/産湯の井戸

マルカンビル大食堂

マルカンビル大食堂

箸で食べる名物ソフトクリームが復活

大食堂があったマルカンデパートは、惜しまれつつ2016年6月閉店しましたが、花巻市民を始め全国の方々、関係者の支援により2017年3月マルカンビル大食堂として、復活を果たしました。観光スポットにあえて入れさせていただきました。賢治さんの観光スポットを見学中に寄ってみてください。テレビで何度も紹介されたバカでかいソフトクリームが評判の食堂です。とにかくでかくて安い。地元の人はクリームが流れないように箸を使って食べます。メニューもびっくりするほど豊富で美味しいです。左がソフトクリーム、右がカップソフト(いずれも180円)。
矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市上町6-2 花巻駅から徒歩18分程・車で4分程(タクシー約760円)
営業時間11時~18時30分 水曜定休
公式サイトマルカンビル大食堂

ページの先頭へ戻る