花巻観光おすすめガイド


花巻駅周辺

在来線の花巻駅構内を出ると「風の鳴る林」の心に響きます。
「銀河ポッポからくり時計」ではジョバンニとカンパネルラに出会うことができます。
中心街に向かって歩き出すと裏通りに賢治さんの弟のお孫さんが店主の「林風舎」、賢治さんが二階で印刷業に携わった「照井だんご店」が。さあ賢治さん観光の始まりです。

未来都市銀河地球鉄道壁画

未来都市銀河地球鉄道壁画

銀河鉄道の夜にようこそ!

日中はかすかに存在が分かる程度ですが、日没後ライトに照らされると幻想の世界へ変化します。
まさに「銀河鉄道の夜」です。
花巻観光の初日は温泉に泊まりたい気持ちをグッと押さえて花巻駅近くの旅館・ホテルに泊まり壁画を見て眠りにつくのもいいですね。
温泉にお泊りの方は夜ちょっと抜け出し、このすばらしい幻想の世界をお楽しみください。
画像提供は花巻観光協会です。
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市愛宕町 花巻駅から徒歩3分程
ライトアップ時間5月~9月→19時30分頃~22時頃 10月~4月→18時頃~22時頃
参照サイト花巻観光協会/未来都市銀河地球鉄道壁画

風の鳴る林

風の鳴る林

素敵な癒しの空間です♪

花巻駅構内から足を踏み出すと目に飛び込んでくるのが風の鳴る林。
賢治さん観光のスタートです。
21本のポールとポールの先にある風車から成り立っています。
おおよそ60分おきに♪「賢治の作品から聞こえる風の音(姫神)」♪が爽やかな風に乗って流れてきます。
まさに癒しの空間です。
矢印は参照公式サイトへのリンクです。

住所花巻市大通り 駐車場有 花巻駅目の前
参照サイトいわての旅風の鳴る林

「銀河ポッポ」からくり時計

「銀河ポッポ」からくり時計

輝いています!銀河鉄道の夜

友人と飲んだ帰りに初めて「銀河ポッポ」からくり時計を初めて見て感動感激!(二人ともかなり酔っていたいもあって)。
各地で様々なからくり時計があるようですが、花巻を代表する輝きを放つからくり時計です。
キャラクターはめんこい!
午前10時から午後10時までの毎正時に「銀河鉄道の夜」の登場人物ジョバンニとカンパネラがコミカルに動きます(早朝と深夜は動きませんの間違えないように、私は朝の8時に行って待っていました)。矢印は私が撮った動画へのリンクです。

住所花巻市大通1-2-21 なはんプラザ北側(花巻駅から徒歩1分) TEL0198-22-4412(なはんプラザ)
参照動画夜の銀河鉄道からくり時計

林風舎

林風舎

賢治さんのご子息運営のお店です

りんぷうしゃ。賢治さんのご子息が運営の喫茶店。
そして賢治に関するもの、お土産品、グッズが数多く揃っています。
複製ですが、「雨にも負けず」の手帳もありますヨ。まさに賢治さんのお店です。
リンプーとは童話「北守将軍と三人兄弟の医者」の登場人物であるリンプー医師が由来となっています。
二階は喫茶コーナーになっていて、時々コンサートも開催されます。
矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市大通1-3-4 花巻駅から徒歩3分 TEL0198-22-7010
営業時間10時~18時 木曜定休
公式サイト林風舎

照井だんご店

照井だんご店

賢治さんも関わった、経木だんごが名物の団子屋さん

かつて賢治さんは照井だんご店の二階で印刷業に携わっていました(大正活版所)。
詩集「春と修羅」ができるまで校正や活字を取る作業をしていました。
店の正面左には心象スケッチ「春と修羅」の印刷所跡という石碑があります。
名物「経木(つけぎ)だんご」は甘い甘い黒蜜がたまらない花巻の名物です。
経木だんごを食した後は、クルミの美味さが引き立つ「お茶もち」が合います。
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市大通2-7-6 TEL0198-23-3849 花巻駅から徒歩10分程
営業時間7時30分~無くなり次第終了 定休日 毎月1日・10日・20日(その他にお休みあり)
参照サイト経木に乗ったおまんじゅう

イギリス海岸

イギリス海岸

賢治さんの観光スポットの中で高い人気を誇るイギリス海岸

イギリスドーバー海峡の地質に似ていることから賢治さんが命名しました。
賢治さん観光の中でも人気が高くなっています。
残念ながら昔と違い、渇水の期間が短いため、画像(花巻観光協会提供)のようにくっきりと岩が現れるのことはめったになく、年に1回ほど水量を人工的に調整して出現させています。
海岸のコースを散策してみると賢治先生が花農高の生徒たちと散策した気持ちを味わえるかも?
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市上小舟渡 花巻駅から徒歩20分程・車で4分程(タクシー約920円) 無料駐車場有
参照サイト花巻観光協会/イギリス海岸

花巻駅

花巻駅

そして…花巻駅も素敵です。

花巻駅は昔ながらのこじんまりとした素朴な駅です。
大きく見栄えのいい駅と比較してかえってそれが花巻らしいと思うのは私だけでしょうか。
新幹線開業の段階で停車駅に選ばれなかったことが、むしろ昔ながらの店が残るいい味の街になっていると思います。
リニューアルされたJR花巻駅待合室の風景。花巻を訪れる全国の宮沢賢治ファンの礎(いしずえ)になってほしいという意味がこめられた、懐かしさあふれる素敵な空間です。
プリン大福等花巻のお土産も販売しています。

ページの先頭へ戻る