花巻観光おすすめガイド


新花巻駅周辺

新花巻駅周辺は癒しのスポットがいっぱいです。年齢を重ねるにつれ、郷土の偉人賢治さんの存在感が大きくなります。
花巻を一望できる胡四王山(こしおうざん)山頂から賢治さんの世界観を想像できるようになってしまうかも?
・宮沢賢治記念館 ・童話村 ・イーハトーブ館 ・日時計花壇 ・南斜花壇 ・花巻博物館 ・山猫軒 ・胡四王山など

宮沢賢治記念館

宮沢賢治記念館

ここを抜きにして、賢治さんを語ることなかれ!

賢治さん観光の定番。敷地内に入ると「よだかの星彫刻碑」私たちを迎えてくれます。
建物に入ると、富士山なのか?岩手山なのか?宮沢賢治画の「日輪と山」が目に入ります。
賢治に関する資料がとにかく満載で、複数回訪れている遠方からのファンもいらっしゃいます。
個人的にはスライド紙芝居?の「つぇねずみ」が好きです(何に対してもつぇつぇと繰り返すねずみの物語)。
平成27年4月にリニューアルオープン、更に見どころが増えました。矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市矢沢1-1-36 TEL0198-31-2319 駐車場有 新花巻から車で3分程(タクシー約840円)
開館時間8時30分~17時(入館16時30分まで) 休館日 12月28日~1月1日
入館料一般350円(300円) 高校生・学生250円(200円) 小・中学生150円(100円) ( )内は20人以上の団体割引
公式サイト花巻の観光情報/宮沢賢治記念館

宮沢賢治童話村

宮沢賢治童話村

子供も大人も楽しめる観光スポットです。

賢治記念館が大人向け?なら童話村は子供も大人も楽しめる観光スポットです。童話村は賢治の学校と賢治の教室の2つに大きく分かれており、賢治の学校は「ファンタジックホール」、「宇宙」、「天空」、「大地」、「水」の5つの部屋があり、入ったとたんに心地良さでいっぱいになります。
個人的には宇宙の部屋がお気に入りです。
賢治の教室は「植物」、「動物」、「星」、「鳥」について楽しく学ぶことができます。
駐車場内にある白鳥の停車場はまさに賢治のお店です。一つ目の画像は花巻観光協会提供。矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市高松26-19 TEL0198-31-2211 駐車場有 新花巻から車で2分程(タクシー約680円)
開館時間8時30分~17時(入館16時30分まで) 休館日 12月28日~1月1日
入館料一般350円(300円) 高校生・学生250円(200円) 小・中学生150円(100円) ( )内は20人以上の団体割引
公式サイト花巻の観光情報/宮沢賢治童話村

宮沢賢治イーハトーブ館

宮沢賢治イーハトーブ館

入館料無料の個人的にかなりおすすめの施設です

宮沢賢治さんをもっと知りたい人のための施設。
展示場には東北砕石工場時代の賢治の詳しい資料などが並べられています。
また賢治さんに関する図書も豊富で、閲覧可能、販売もしています。
特におすすめはアニメが¥の上映。「注文が多い料理店」は無声アニメで大人向き。
「どんぐりと山猫」楽しいです。
これで入館料無料はすごい!個人的にかなりおすすめの施設です。
矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市高松1-1-1 TEL0198-31-2116 駐車場有 新花巻から車で3分程(タクシー約760円) 宮沢賢治記念館から徒歩5分
開館時間8時30分~17時(入館16時30分まで) 休館日 12月28日~1月1日
入館料無料
公式サイト宮沢賢治学会イーハトーブセンター

花巻市博物館

花巻市博物館

花巻の歴史、文化、美術・工芸を紹介

花巻市博物館は花巻の歴史、文化、美術・工芸を紹介することを目的に2004年に開設されました。
常設展示室の「考古」と「歴史」、企画展示室に分かれています。
私が訪れた時は講座体験学習室で館長講話が開かれていました。
建設時に発見されたアケボノゾウ足跡化石のレプリカも展示されています(本物は床下に保存)。
写真は博物館前のフクロウ像。
矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市高松26-8-1 TEL0198-32-1030 駐車場有 新花巻から車で2分程(タクシー約680円)
開館時間8時30分~16時30分まで 休館日 12月28日~1月1日
入館料一般350円(300円) 高校生・学生250円(200円) 小・中学生150円(100円) ( )内は20人以上の団体割引
公式サイト花巻市博物館

日時計花壇

日時計花壇

ポランの広場のひとつ 春から夏が見頃

南斜花壇の下側に位置し、ポランの広場のひとつが日時計花壇です。写真の白い棒が日時計の部分であり、文字盤の数字に花が使われています(ローマ数字)。こちらももちろん賢治さんの設計で、見事に復元されています。春から夏にかけては花が最もきれいに咲き誇る時です(写真は5月の日時計花壇)。トイレもめんこい作りになっています。尚日時計花壇の原型は花巻温泉のバラ園に見ることができます。
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市高松 駐車場有 宮沢賢治記念館から徒歩3分程
参照サイト花巻観光協会/南斜花壇・日時計花壇

南斜花壇

南斜花壇

賢治さんの設計 春から夏が見頃

ポランの広場のひとつが南斜花壇です。
賢治さんの設計を基に復元され、その名の通り傾斜地に花壇が作られています。
唐草模様を取り入れ、歩道が1本のつる、花壇が果実をイメージしています。
宮沢賢治記念館から下る時はかなり傾斜がきついのでゆっくり注意して降りてください(写真は5月の南斜花壇)。
花巻温泉の南斜花壇はバラ園に変わり、6月中旬~7月上旬はローズフェスティバルが開かれます。
矢印は参照サイトへのリンクです。

住所花巻市高松 駐車場有 宮沢賢治記念館から徒歩3分程
参照サイト花巻観光協会/南斜花壇・日時計花壇

山猫軒

山猫軒

期待を裏切らない食事処

童話「注文が多い料理店」からネーミングされたレストラン&お土産店。
「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません。」の札がリアルです。
花巻産の白金豚、ほろほろ鳥を使ったメニュー、花巻名物のそばやすいとん等のユニークなメニューも楽しめます。
私も何度か食していますが、期待を裏切らない食事処です。
賢治さんグッズ等のお土産品も豊富、尚新花巻駅前には山猫軒駅前店があり、わんこそばが楽しめます。矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市矢沢3-161-33 TEL0198-31-2231 駐車場有 新花巻から車で3分程(タクシー約840円) 宮沢賢治記念館目の前
営業時間9時~17時(ラストオーダー16時30分)
公式サイト山猫軒

胡四王山

胡四王山

賢治さんが好んで足を運んだ山

胡四王山(こしおうざん)は賢治さんが好んで足を運んだ山です。そのためこの地に宮沢賢治記念館、イーハトーブ館、童話村等賢治さんゆかりの施設が作られました。
今では散策道が整備され、山頂には胡四王神社があります。
「イーハトーヴォ展望地」から賢治さんの気持ちになって山からの景色を眺めてみてはいかがでしょう。花巻が一望できます。
毎年1月2日には花巻を代表する祭りである蘇民祭はここ胡四王山が舞台。餅つき、神事等の後、祭りの目玉、蘇民袋の争奪戦が行われます。上記画像(蘇民祭)は花巻市提供。

住所花巻市矢沢 胡四王神社 TEL0198-31-2754(社務所) 新花巻から車で3分程

花巻新渡戸稲造記念館

花巻新渡戸稲造記念館

新渡戸一族が花巻発展に寄与

花巻新渡戸記念館完成時は五千円札で脚光を浴びた新渡戸稲造の記念館がなぜ花巻にできたのかわかりませんでした。
それは新渡戸一族が約220年間、花巻に移住し多くの功績を残したことから、子孫である国際平和に貢献した新渡戸稲造の記念館が作られたというのが理由です。
世界平和のために尽力、著書「武士道」では日本を世界に紹介し素晴らしい評価を得ました。
新渡戸ロードを散策して新渡戸稲造に出合いましょう。
矢印は公式サイトへのリンクです。

住所花巻市高松9-21 TEL0198-31-2120 駐車場有 新花巻から車で5分程(タクシー約1,240円)
開館時間8時30分~16時30分 休館日 12月28日~1月1日(臨時休館有)
入館料一般300円 小中高生150円
公式サイト花巻新渡戸稲造記念館

新花巻駅

新花巻駅

見所は新花巻駅にも有り!

新花巻駅にも実は見所があるのです。
駅前の広場に童話「セロ弾きのゴーシュ」の彫刻碑があり、ゴーシュと登場する動物たちが童話の世界そのものの如く描かれています。
私はタクシー専用待機場内で、ここから流れる「トロイメライ」を聴きながらよく昼寝をして癒されたものでした。穴場的とも言えるスポットです。
また近くには硬貨投入で鹿踊りのメロディーが流れるジュースの販売機がありますのでこちらも体験をどうぞ。

住所花巻市矢沢第10地割  駐車場有

ページの先頭へ戻る